円満退社

仕事を探してみよう
世の中にどれくらいの職業があるのか考えたことはありますか?当サイトは、世の中にある様々な職業を簡単に紹介しています。仕事は生きる為にはやらなくてはならないことですが、仕事を仕方なくやるほど苦痛なことはありません。転職を考えている人、やりたい仕事が見つからない人、どんな仕事があるのか知りたい人など、きっとあなたが思っている以上に世の中には、面白い仕事が沢山あります。ここでは、あなたがやってみたい仕事や興味が持てる仕事がきっとあると思いますのでゆっくり探してみてください。
スポンサードリンク
 仕事の書 >円満退社のノウハウ

あと始末をちゃんとして辞めていくのが大人としてのマナー
勤めていた会社を退職しようと決意するとき、どうやって切り出しますか?
 
テレビドラマみたいに、退職届けを懐から出して。「こんな会社、やめてやる!」とパンと叩きつける・・・? いえいえ、やはり良識がある企業人は、感情にまかせてそんな辞め方をしてはいけません。
 
 
企業の一員として仕事をしている限りは、自分の担当した仕事があり、周囲の人たちとリンクしながら仕事をしてきたはず。今までかかわってきた人たちに礼を尽くし、あと始末をちゃんとして辞めていくのが大人としてのマナーでしょう。
 
 
さて、いかに円満に会社を辞するか。円満退社のノウハウを整理してみました。
 
まず就業規則を読んでみる
退職の意思表示は、法律的には辞める2週間前までにすればいいことになっていますが、就業規則で会社の規定を設けている所もあります。その他、退職時の規定などがないか、就業規則を一度熟読してみましょう。
 
退職後のスケジュールを決めておく
辞めてからのことが何も決まっていないと、上司への説得力も弱くなります。退職した後のスケジュールを提示できるようにしましょう。
 
まずは直属の上司に退職を伝える
直属の上司が知らないうちに、退職のウワサが広がっている、会社側が知っているというのでは、上司のメンツが丸つぶれです。上司が感情的になったり、会社側から上司が管理能力に疑問を持たれる可能性もあります。退職届を出すより先に、まずは相談という形式から。まずは上司に内密に耳打ちをするところから始めましょう。
 
退職理由はやっぱり「一身上の都合」
心で思っていても、円満退社のためには会社に対する不満を理由に挙げるのはやめましょう。感情的にまずい状態になりますし、もしかすると、部署の異動や待遇改善など譲歩案を提示してくるかもしれません。転職を確固と決意しているのなら、自分の都合を理由にするのがよいと思います。しかも、夢の実現など、納得して送り出してもらえる前向きな理由が好ましいでしょう。
 
引き留められても撤回しない
引き留められて退職を踏みとどまっても、会社側にも自分にもどこかに「やめたがっていた」というしこりが残るもの。辞めると決めたら意志を強くもちましょう。
 
退職が決まったら、仕事で身近にいる人たちに報告
退職が決まってから自分の退職で影響を受ける人たちに報告します。お世話になった方々には直接挨拶するのがベストですが、できない場合は挨拶状を送りましょう。
 
業務マニュアルを作る
後任者がわかっている場合は直接引き継ぎをしますが、まだ後任が決まっていないことも多いと思います。すぐに仕事にかかれるように、業務マニュアルを残しておきましょう。
 
爽やかに円満退職をし、晴れ晴れした気持ちで新たなスタートを切りましょう!
 
 
この記事が気に入ったらソーシャルブックマークへ是非ご登録を!

 
スポンサードリンク


CONTENS
 Home
 自分探しのチャンス!
 仕事の種類
 転職理由ってなんですか?
 履歴書のお作法とは?
 職務経歴書で売り込む
 これが面接のポイント
 スカウトサービスのメリット
 適性診断の必要性
 円満退社のノウハウ


職業別一覧
 サービス
 医療
 スポーツ
 IT
 事務・企画
 福祉
 公務員
 ファッション・美容
 法律
 フード
 建築・土木
 芸術
 職人・技術
 金融・保険

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved プライバシーポリシー