面接のポイント

仕事を探してみよう
世の中にどれくらいの職業があるのか考えたことはありますか?当サイトは、世の中にある様々な職業を簡単に紹介しています。仕事は生きる為にはやらなくてはならないことですが、仕事を仕方なくやるほど苦痛なことはありません。転職を考えている人、やりたい仕事が見つからない人、どんな仕事があるのか知りたい人など、きっとあなたが思っている以上に世の中には、面白い仕事が沢山あります。ここでは、あなたがやってみたい仕事や興味が持てる仕事がきっとあると思いますのでゆっくり探してみてください。
スポンサードリンク
 仕事の書 >これが面接のポイント

面接では人間性がチェックされている!
面接は、履歴書や職務経歴書ではわからない、その人自身を知るためのものです。その意味で、選考過程で最も重視される部分だともいえます。
人を知るには、やはりその人を見るのが一番です。
 
 
会社は人間で成り立っています。仕事ができてもコミュニケーションができなければ、会社人として問題があります。会社としても、これから自分たちと一緒にやっていく仲間を選ぶわけですから、コミュニケーション能力を重視するのは当然ですよね。過去の学歴や職歴、スキルなどの情報は履歴書や職務経歴書はベース、面接では人間性がチェックされていると言っても過言ではありません。
そこで、面接のポイントを整理してみました。
 
 
■会社に足を踏み入れた瞬間から面接は始まっています。誰が見ているかわかりません。携帯やタバコなどはマナー違反。姿勢を正して静かに待つ。
 
■最初と終わりの挨拶は当然のこと、発声はその人のエネルギー、コミュニケーション能力を端的にあらわすので、大きな声で滑舌よく話す。声を出すことで、自分自身も前向きな気分をキープできる。
 
■抽象的な表現はやめて具体的に、机上論よりも実際の経験をまじえて自分をアピールする。
 
■自分をよく見せたいあまりに誇張するのはNG。会社に入ってボロが出てしまっては自分にマイナスになる。ありのままの自分を誠意をもって伝えていく。
 
■結論からわかりやすく話す。
 
■面接担当者との対話を大切にし、会話を楽しむことができれば高ポイント。
 
■面接担当者に突っ込まれたときこそチャンス。突っ込まれそうな部分を検討して、返答できるようにイメージトレーニングしておく。
 
 
面接は志望者にとって最も緊張する瞬間です。自分を出し切って相手に見せるためには、何度も面接シーンをシミュレーションし、「こんなときはこう答える」といったイメージトレーニングをしていくことが失敗しないコツだと思います。
 
そして、好感の持てる発言や仕草が自然に出てくるよう、日ごろから自分を磨くことが大切ではないかと思います。
 
この記事が気に入ったらソーシャルブックマークへ是非ご登録を!

 
スポンサードリンク


CONTENS
 Home
 自分探しのチャンス!
 仕事の種類
 転職理由ってなんですか?
 履歴書のお作法とは?
 職務経歴書で売り込む
 これが面接のポイント
 スカウトサービスのメリット
 適性診断の必要性
 円満退社のノウハウ


職業別一覧
 サービス
 医療
 スポーツ
 IT
 事務・企画
 福祉
 公務員
 ファッション・美容
 法律
 フード
 建築・土木
 芸術
 職人・技術
 金融・保険

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved プライバシーポリシー