ニュースキャスターの仕事

仕事を探してみよう
世の中にどれくらいの職業があるのか考えたことはありますか?当サイトは、世の中にある様々な職業を簡単に紹介しています。仕事は生きる為にはやらなくてはならないことですが、仕事を仕方なくやるほど苦痛なことはありません。転職を考えている人、やりたい仕事が見つからない人、どんな仕事があるのか知りたい人など、きっとあなたが思っている以上に世の中には、面白い仕事が沢山あります。ここでは、あなたがやってみたい仕事や興味が持てる仕事がきっとあると思いますのでゆっくり探してみてください。
スポンサードリンク
 仕事の書 >ニュースキャスター

◆ニュースキャスター
ニュースキャスターはニュース番組の進行役を務め、視聴者に分かりやすくニュースを伝えるのが仕事です。早朝5時のニュースを担当すればキャスターが出勤するのは午前3時半です。番組前の打ち合わせの後、番組の流れや進めかたを確認します。声に出して当日のニュース原稿を下読みします。読み方のわずかな違いで、ニュース全体の意味が変わってしまうことのないよう、放送前にニュース映像も見ます。ニュースキャスターは、日頃から専門家の意見を聞き、様々な情報を集め、時にはスタジオを飛び出し現場に向い、背景にある真実を探り出す努力を重ねます。
スポンサードリンク


CONTENS
 Home
 自分探しのチャンス!
 仕事の種類
 転職理由ってなんですか?
 履歴書のお作法とは?
 職務経歴書で売り込む
 これが面接のポイント
 スカウトサービスのメリット
 適性診断の必要性
 円満退社のノウハウ


職業別一覧
 サービス
 医療
 スポーツ
 IT
 事務・企画
 福祉
 公務員
 ファッション・美容
 法律
 フード
 建築・土木
 芸術
 職人・技術
 金融・保険
 その他の仕事

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved プライバシーポリシー