能楽師の仕事

仕事を探してみよう
世の中にどれくらいの職業があるのか考えたことはありますか?当サイトは、世の中にある様々な職業を簡単に紹介しています。仕事は生きる為にはやらなくてはならないことですが、仕事を仕方なくやるほど苦痛なことはありません。転職を考えている人、やりたい仕事が見つからない人、どんな仕事があるのか知りたい人など、きっとあなたが思っている以上に世の中には、面白い仕事が沢山あります。ここでは、あなたがやってみたい仕事や興味が持てる仕事がきっとあると思いますのでゆっくり探してみてください。
スポンサードリンク
 仕事の書 >能楽師

◆能楽師
能楽師は能楽を演ずる人を意味します。役割が異なるシテ方・ワキ方・狂言方・囃子方(はやしかた)、大鼓・小鼓・笛・太鼓があり、一つ一つが専門職として古来の技芸を伝承しています。能は、日本の伝統的な演劇であり、謡(うたい)、舞(まい)、囃子(はやし)を総合した劇です。能・狂言の舞台に出演するすべての人をまとめて能楽師(のうがくし)と呼びますが、それぞれの分野を越えて演技・演奏することは許されないといいます。また能・狂言には、意味を持つ決まった「型」があり、その型を連続させることですべてが成立するのです。毎日の厳しい稽古で六百年という伝統の技が受け継がれているのです。
スポンサードリンク


CONTENS
 Home
 自分探しのチャンス!
 仕事の種類
 転職理由ってなんですか?
 履歴書のお作法とは?
 職務経歴書で売り込む
 これが面接のポイント
 スカウトサービスのメリット
 適性診断の必要性
 円満退社のノウハウ


職業別一覧
 サービス
 医療
 スポーツ
 IT
 事務・企画
 福祉
 公務員
 ファッション・美容
 法律
 フード
 建築・土木
 芸術
 職人・技術
 金融・保険
 その他の仕事

Copyright(c) 2010 All Rights Reserved プライバシーポリシー